いろいろな標準 体重





体重をチェックすることは健康のために大事ですが、その目安となるものが標準体重です。
標準体重には色々な考え方があり、BMIは世界じゅうで採用されている標準体重の計算式です。体重(kg)÷身長(cm)の3乗 × 10の7乗という計算式を用いる方法がローレル指数です。ローレル指数が130になる数字が、標準的に体重であると見なされます。ローレル指数による標準体重は、主に学童期の子供などに適用されることが多いようです。
男女別ローレル指数の年齢推移を調べると、幼い頃が最も大きく、それ以後は下がっていくといいます。女子の場合は中学生になる頃から次第に数値が上昇する傾向があるようです。
知名度が高い標準体重の計算式としては、これらの他にブローカ式佳変法という手法が存在します。特にブローカ式桂変法は、日本でも簡易標準体重計算法としてすでに広く定着しています。p単位で表示した身長から100をマイナスし、0.9を掛けるだけです。
一層手軽な計算方法もあります。男性の身長−110、女性は身長−105〜110をすることで標準体重を出せるため、瞬時計算ができるという方法です。ただし、身長がさほど高くない人の標準体重としては合わないことがあるようです。
この他にも、簡易な標準体重の計算方法には、身長−100を標準体重するものや、身長-50を半分にするという加藤法という標準体重の出し方などもあります。









しかし、みんな痩せすぎじゃない?